土持矯正歯科医院 宮崎県都城市中央通り近くの歯医者 矯正・顎関節症・顎変形症などの治療を行っております。

土持矯正歯科医院


土持矯正歯科医院のご案内

宮崎県都城市上町 15-3
TEL 0986-22-1500

■診療時間
月火水金土曜日
08:30-13:00 14:30-18:00


■当院までのアクセス
地図

ホーム 顎関節症について

顎関節症の症状は顎の関節の痛み、ほほの筋肉の痛み、顎の開閉で関節のカクカクする音、起床時に顎が開かない、など、多くの場合噛み合わせが悪いことが原因であると言われています。

顎関節症の症状

顎関節症の症状は顎の関節の痛み、ほほの筋肉(咀嚼筋群)の痛み、顎の開閉で関節のカクカクする音(クリッキング音)、起床時に顎が開かない(開口障害)などがその症状です。

さらに進むと偏頭痛、肩こり、腰痛、めまいなどの症状が出て来るようになります。
部分的に症状が重なるリュウマチやメヌエル氏病、線維筋痛症などとの鑑別診断も大切です。

顎関節症の原因

顎関節症の原因は多くの場合、噛み合わせが悪いことであると言われていますが、噛み合わせが悪くて顎関節症になることはそう多くありません。

顎関節症の大きな原因は口腔顎顔面にたいする不適切な外力が顎関節に加わることです。 外傷などの急激に大きな力が加わる場合と弱い力が長い時間加わって起こる場合があります。また、良く噛まない事によって顎の関節がしっかり育たないことも原因の一つです。

しかし、長期にわたる顎関節症ではそのように作ってきた歯ならびを治療することも必要です。不適切な外力は生活習慣で発生し、片側の顎だけで噛んでしまう食事、食事中の水分摂取、ほおづえ、横向きやうつぶせなどの睡眠態癖、睡眠時の噛みしめや歯ぎしりなどです。

これらの原因が複合し発症します。原因を分析し、適切な治療を早めに行うことが大切です。 とくに睡眠時の噛みしめや歯ぎしりは心理的なものが原因であることが多くあります。これらは、顔面や口腔内にその形跡を残していることが多くあります。顔や口腔内を拝見すると良くわかります。

顎関節症の治療について

治療は対症療法と原因療法を行います。対症療法としてはスプリントや鎮痛剤などを用い、原因療法はその原因に応じた生活習慣の改善や心理療法を行います。横臥位や伏臥位などの睡眠態癖の改善には自己催眠療法を行います。

歯ぎしりや噛みしめ、寝言は心理的なものに起因する顎関節症の前兆であることが多く、治療は早めに行うことが大切です。お子さんに歯ぎしりや寝言が習慣的に認められた場合、また大人の方で朝起きた時に顎が開きにくい方や結婚して数ヶ月で顎関節症の症状が出た方は、早めにご相談ください。

早ければ早いほど適切な治療で完全に良くなります。

生活の変化による症状の原因

結婚する女性最近、転居や結婚などにより摂食時の環境が変化したことに顎関節症の原因が存在することが多くありました。

環境の改善だけでなく不適切な外力に負けない顎関節を育てていくことが大切です。

土持矯正歯科医院では顎関節症になりにくい顎関節を育てていくように矯正治療を行っています。

ご相談ください・・・

土持矯正歯科医院では顎関節症に対する治療や予防、育成のためのお問い合わせにお答えしております。お口の中を拝見したり検査をしないと詳しいことはわかりませんが、わかる範囲でお答えします。

顎関節症の治療は保険治療が適応されます。顎関節症を治療するための矯正治療には現在のところ保険治療が適応されません。

また、顎変形症に対するセカンドオピニオンも受け付けております。お気軽にお問い合わせ下さい。

上記文章の転写・複製はご遠慮くださいますようお願いします。



ページの先頭へ戻る